私の失敗

私は食べ物のブログがある。大学二年生のとき、サンティアゴに住んでいた時、雑誌会社でアルバイトがしたかった。たくさん履歴書を送った。書いた物のサンプルも送った。数ヶ月後にで編集者が私に連絡してくれた。フードネットワークで有名なテレビホストだった。

ミーティングを予定して、コーヒーショップで会った。私が編集者に会ったとき、私は英語が私の母国語ではない事、彼がそれについて大丈夫かどうか彼に聞いた。彼はわたしのサンプルを読んで大丈夫と言った。

が私にして欲しいかったのは、街を運転して、他の雑誌会社が連絡する前に、新しいレストランを見つけて、酒の免許を持っているかどうかを確認する事だった。私が運転免許を取ったばかりだったから、私は彼に緊張した感じに見えた。彼は私がこの仕事に向いていないと思った。アパートに帰った後、編集者は私がもう一とレストのピースを書いてくださいと聞いた。見て、希望していたスタイルじゃなかった。

TBC…(the morale of the story…?)